maxfie1d のブログ

マイクロソフト系技術ネタを中心に書きます。

Edge ベースの WebView が登場へ

WebView は、アプリの中で Web サイトを表示するために使用されるものです。

Windowsのアプリにおける WebView は、これまで UWP を含めて IE ベースでしたが、 これからは Edge ベースの WebView を使用可能とのことです。

対応アプリ

  • Win32
  • WPF
  • フォームアプリケーション
  • UWP

要するに全部いけます!!

Edge ベース WebView のメリット

Edge ベースなので、モダンな Web の機能にガンガン対応しています。 つまり、Grid、Flexbox、WebRTC などはもちろん使えます。

HTML5test を使った比較 (IE vs Edge)

f:id:maxfieldwalker:20180310120052p:plain

アナウンス動画

パワポのスライドを次に送る「カチカチ」を買った

パワポのスライドをリモコンで操作できる「カチカチ」を最近購入しました。

Amazon で探してみると、意外とよさげなものを見つけることができずいろいろググりまくった結果、 ロジクールからすばらしい「カチカチ」が出ておりまして、実際に購入したので紹介したいと思います。

その名もSpotlight

f:id:maxfieldwalker:20180307155021p:plain

写真左側のリモコンが今回購入した Spotlight です。 「次へ」ボタンが大きく中央に配置され、その下に「前へ」ボタンがあるシンプルなデザインです。 また、アップル製品を思わせるアルミのボディで、色も「赤」「シルバー」「ブラック」「ゴールド」の4色があります。

www.logicool.co.jp

いいところ

USB、Bluetooth のいずれかで接続可能です。また、USBケーブルで充電できるので電池は不要です。 見た目もスリムで、触り心地もさらっとしています。ケースも付属するので、持ち運び面もグッドです。

よくないところ

基本的に大満足ですが、お値段は1万円超えとなかなか強気です笑 そのぶん沢山プレゼンをして、ガンガン使っていくのがいいと思います。

おまけ

ロジクールによると、パワポなどのプレゼンテーションソフトのユーザーは10億にもなるのに対し、 「カチカチ」は年間200万台しか売れないそうです。

f:id:maxfieldwalker:20180307155805j:plain

「カチカチ」があるのとないのとではずいぶんプレゼンの印象も変わると思うので、 思い切って買ってみるといいのかもしれません~。

Scratch でビジュアルプログラミング

将来的に日本の小学校でもプログラミング教育が導入されるそうです。

また、子供たちはビジュアルプログラミングを通してプログラミングの入り口を学ぶんだそうです。

ビジュアルプログラミングは、通常のプログラミング言語を記述するのではなく、視覚的な要素を操作してプログラミングを行います。中でもブロックをつないでプログラムを作るスタイルが多く、Scratch はその代表格です。

最近私もこの Scratch を少しできるようになったので、ちょっと紹介したいと思います。

さくらの花びらが舞うスクリプト

Scratch ではプログラムのことを「スクリプト」と呼ぶようです。

こちらが今回作成したスクリプトのメイン処理部分です。

f:id:maxfieldwalker:20180306220714p:plain

ざっと簡単に説明します。Scratch において、メイン関数に相当するブロックは「🚩がクリックされたとき」です。ここを基点にしてプログラムをスタートさせることがほとんどです。プログラムが開始したら、「ずっと」ブロックを使って、さくらの花びらを無限に生成します。Scratch において、オブジェクトを new することは「クローンを作る」と言います。

次に、花びらがクローンされた後の処理です。

f:id:maxfieldwalker:20180306235604p:plain

生成された花びらは物理法則(運動方程式)にほぼほぼ従って舞ってゆきます。よりリアルな動きを実現するために、花びらごとに

  • 速度
  • 回転
  • スケール

を変数でもたせて、一定時間ごとに値を少しずつ変化させています。Scratch では変数を扱うことができます!


そんなこんなで出来上がった作品がこちら! けっこう綺麗に桜の花びらが舞っていると思いませんか??

f:id:maxfieldwalker:20180306220410g:plain

(プロジェクトページ)

ブロックをつなげていくだけで、工夫しだいでさらにスケールの大きい作品を作ることもできるので、 ぜひチャレンジしてみてください!!

scratch.mit.edu

Paint 3D で画像のトリミング

Windows 10 には Paint 3D というペイントアプリが入っています。

私は普段、画面のスクショを撮ってそれをトリミングするために 従来のペイントを使っていますが、あえて同じことを Paint 3D を使ってやってみようと思います。

やってみる

  1. スクショを撮ります。 (Win + Shift + S が便利です)
  2. Paint 3D を起動します。
  3. 真っ白な紙が表示されたら、Ctrl + V で素材を貼り付けます。
  4. ちょうど素材が選択された状態になるので、右側のクロップ(トリミング)ボタンを押して切り抜きます。 f:id:maxfieldwalker:20180302220119p:plain
  5. あとは Ctrl + S を押して、PNG形式(もちろんJPEGでも可)で保存して完了です。 f:id:maxfieldwalker:20180302220300p:plain

まとめ

Paint 3D は名前の通り、3D も簡単に扱えるまさに次世代のペイントなのですが もちろん従来通り 2D の素材も難なく扱えます。

非常に名残惜しいですが、私も従来のペイントを卒業して徐々に新しい Paint 3D に慣れていきたいと思います...

マイクロソフト関連の情報を収集するときに見ているもの

自分自身がマイクロソフトのテクノロジ好きなので、 日頃からいろいろなところで情報をチェックするようにしています。

今回は僕がいつも見ている情報ソースについてまとめたいと思います。

Windows Blogs

Windows Blog

Windows の最新情報(一般向けもデベロッパー向けも)を公式ブログで キャッチできます。特に私は Windows Insider Program のポストを よくチェックしています。

Windows Insider Program Archives - Windows Experience BlogWindows Experience Blog

Windows Central

www.windowscentral.com

Insider ビルドの解説動画とか、Windows のアプリの紹介とか、 あまり大きな声で言えないリーク情報とか、マイクロソフト関連の ニュースを収集できます。

Apple 関連のニュースだと、MacRumors が有名でしょうか。

Twitter

マイクロソフトにはさまざまな部署があって、だいたい各部署ごとに 公式のツイッターがあります。Microsoft 本体、WindowsVisual Studio、 Office、Surface などなど。

私はだいたい全部フォローしています。

GitHub

マイクロソフトではオープンソースプロジェクトも盛んで、 GitHub では多くのリポジトリが公開されています。

特に私は Visual Studio Code が好きなので、GitHub で Issues を見たり、 ロードマップを見たり、正式公開前のリリースノートを見たり、 次はこの機能が来るんだと思いながらチェックしています。

github.com github.com

ほかにも TypeScript のリポジトリや、Microsoft Edge に搭載されている JavaScript エンジンの Chakra Core なんかもあります。

github.com github.com

ある程度英語が読めて、プログラミングの知識があれば GitHub はこれ以上ないくらい鮮度が高くて確かな情報が得られる場所だと思います。