maxfie1d のブログ

マイクロソフト系技術ネタを中心に書きます。

クイックアシストを使って困っている人の代わりにPCを遠隔操作する

今まで気づかなかったのですが、 Windows 10 には リモートで他者のPCを代わりに遠隔操作する機能があります。

その名もクイックアシスト

アプリ一覧で「クイック〜」を探すと見つかると思います。

f:id:maxfieldwalker:20180126114150p:plain

クリックして起動すると、こんな画面になります。 アシストしてもらう人は上のボタンを、 アシストしてあげる人は下のボタンを押します。

f:id:maxfieldwalker:20180126114209p:plain

アシストしてあげる人には接続用の6桁の数字コードが 表示されるので、メールやLINEなどでアシストしてもらう人に コードを教えて入力してもらいます。

接続が完了したらアシストしてあげる人の画面に アシストしてもらう人の画面が表示され、遠隔操作できるようになります。

ちなみに注釈機能でアシストしてもらう人の画面にマーカーで円を描いて強調したりすることができます。

リモートデスクトップ接続との違い

大きく違うのは、Windows 10 Home でも利用可能ということです。 リモートデスクトップ接続と違い Pro エディションでなくても クイックアシストは利用可能です。