maxfie1d のブログ

マイクロソフト系技術ネタを中心に書きます。

大学卒業研究発表の振り返り

私事ですが、本日大学卒業研究の発表を行いました。

個人的な備忘録も含めて、振り返りをしておこうと思います。

スケジュール

さっくりとした卒業研究のスケジュールです。

  • 9月
    • 卒研テーマ決定
  • 10月
    • 予備調査
  • 11月
    • 中間報告 (1回目)
    • ツールの実装
  • 12月
    • 中間報告 (2回目)
    • ミーティングで研究内容をまとめる
  • 1月
    • 評価実験実施
    • 論文作成開始
  • 2月
    • 論文完成
    • 卒研発表用スライド作成
    • 卒研発表

約6か月に及ぶ卒業研究でした。11月のツールの実装はそれなりに 時間を割いて頑張ったような気がします。12月ごろには中間報告や ミーティングを何度か挟んでいたので、徐々に完成度を高めることが できていたと思います。

年が明けて1月には評価実験を実施し、思い腰を上げて論文作りをはじめました。 2月には、迫りくり締め切りにややプレッシャーを感じながら、先輩や先生に 添削を受けながら仕上げを行いました。

反省

反省点をまとめておきます。

  • 先輩や先生を信頼して、もっと相談すればよかった。
    • 私は恥ずかしがり屋なのと、変なプライドから、上手く行っていると思えない部分や未完成なものを他の人に見せることを避けていました。不思議なことに先輩や先生は上手い助言をしてくれます。また、現状について他の人に報告するだけでも問題が整理されるのを感じました。なので、恥ずかしがらずに勇気を出して先輩や先生と協力して取り組む方が、実は近道であることがよく分かりました。
  • 論文は早めに先輩や先生に見てもらう。
    • 今回は結構提出がギリギリになってしまいました。論文を送って、添削されて返ってきて、修正を反映するというこの1サイクルは結構時間がかかります。論文は分量が多いので、第1稿が完成するのは結構遅いスケジュールになります。なので、未完成のうちでも出来ているところからチェックしてもらって添削を受けることが重要だと感じました。あと、私は添削と聞くと「ああしろこうしろっていろいろ言われるから嫌だな~」と思います。これはもう仕方ないことだと思っていて、自分だけではモヤモヤしていた部分が添削によってスッキリしてより完成度の高いものになると思って、辛抱強く、でもあまり気負わずに添削を受けて修正を加えるといいと思います。

小ネタ: Cloud Latex

Cloud LaTeX は名前の通り、ブラウザ上で論文を書いてPDFも生成できるスグレモノです。

cloudlatex.io

オンラインで作業する都合上、コンパイルしてPDFのプレビューが表示されるまでの時間は少しかかりますが、LaTeX の環境をいちいち用意することなく、ブラウザを開くだけで作業できるのは本当に快適です。

Cloud LaTeXDropbox と連携することができて、Dropbox にも編集したファイルを転送することができるので安心です。

ただ、Cloud LaTeX のようなサービスを使うと、git で管理する時のように更新履歴の diff を見れないという悩みが出てきます。なので、提出直前の最終仕上げの段階では、1日ごとに Dropbox にあるプロジェクトの写しを zip でダウンロードして、中身だけ取り出して GitHub に push して管理していました。修正作業中にうっかり一文字消してしまったなどのミスをすぐに見つけられるように、 git で管理して diff を見れるようにしておくことは重要だと思います。

また、私の研究室では Overleaf という同じように オンラインで LaTeX を書けるサービスを利用している人もいます。

www.overleaf.com

こちらは少し設定をする必要がありますが、きちんと日本語で 論文を書くことができます。シェア機能も充実しているらしいです。